飲んだら乗るな!飲むなら絶対に乗るな!!

飲酒運転をすると100%の確率で事故に遭います。

なので前もって今日は酒を飲むかもしれないと思った時は車で出かけないようにすると良いかと思います。

警察でも飲酒運転はしないように!と呼びかけているのです。

しかし、それでもまだ飲酒運転をしている人が居るみたいなのです。

警察が飲酒運転をしないように!という忠告を聞かない人は事故が起こる他に警察に捕まってしまう可能性があるのです。

飲酒運転をすると警察が検問を張っていることがあるのです。

飲酒運転の疑いがある者は検問の前で車を止められてしまうのです。

そして、ある機械を使って酒を飲んでいるか酒を飲んでいないかを見極めるのです。

それは体温計みたいなもので、その人のアルコール値を計るのです。

アルコール値が5.0度以上あれば飲酒運転をしている可能性ありと判断されてしまうのです。

一方アルコール値が5.0度以下ならば飲酒運転をしていないと判断されるのです。

多くの人は飲酒運転をして交通事故に遭っているのです。

しかし、中には警察の検問に引っかかってそのまま逮捕されてしまう人も居るのです。

私のお父さんは普段仕事には車で出社しているのです。

ですが、今日はお酒を飲みそうかなと思う時は車で出社せずに電車で出社しているそうなのです。

ですが、何故警察が飲酒運転はしないよに!と呼びかけているのにそれでも飲酒運転をする人が後を絶たないのでしょうか?
私には最早理解不能なのです。

私は運転免許を取得しているのです。

従って車の運転も出来るのです。

ですが、私は1度も飲酒運転をしていないのです。

これから運転免許を取得して車の運転をしようと考えている人は飲酒運転は絶対にしないようにして下さい。